本学以外に設置された委員会で審査を受ける場合(指針に基づく研究)

本学以外に設置された委員会で審査を受ける場合(指針に基づく研究)

【審査の委託について】
本学が分担機関となる多機関共同研究における倫理審査について,下記の審査委託基準を満たす場合,本学研究責任者の判断で,本学以外に設置された委員会に倫理審査を委託(一括審査)することが可能となりました。
・審査委託基準はこちら
・手続きの流れはこちら

【注意事項】
全ての研究が一括審査が可能であるとは限りません。必ず以下を代表機関に確認してください。
 ・参加される研究が一括審査対応であるか
 ・本学についても審査を委託できるか
本学について一括審査をされていない研究は本学委員会での審査が必要です。
・審査の委託にあたり,本学での事前手続きは不要です。ただし,委託手続きの際に本学機関の長からの依頼を求められた場合には,医療政策・医学系研究推進グループにご連絡ください。
連絡先:iryo-seisaku*office.hiroshima-u.ac.jp(注:*は半角@に置き換えてください)
・本学の生命科学・医学系研究における研究機関の長
介入研究 …広島大学病院長
非介入研究…広島大学理事(霞地区・教員人事・広報担当)

【注意!委託先委員会での承認=研究開始ではありません!】
委託先倫理審査委員会での審査終了後,本学での実施許可を必ず受けてください。
実施許可の申請については,以下の書類を臨床研究倫理審査申請システムからご提出ください。
(※必須4の書類については,写しをメール添付にてご提出ください。)

【実施許可手続きに必要な書類】

必須1倫理審査結果通知書通知書,計画書等で本学が一括審査されたことが確認ができない場合,
本学が審査を受けたことがわかる書類
(提出された機関要件確認書や依頼書,メールの写し等)をご提出いただくことがあります。
必須2研究計画書等承認を受けた委員会での審査資料一式
必須3本学用の説明文書、同意・撤回文書,情報公開文書等研究代表機関ひな型を用いて作成ください。該当がない場合は不要です。
必須4臨床研究利益相反審査結果報告書の写し(メールに添付してご提出ください)
【利益相反審査の依頼方法】
以下の①~③の書類を揃え、学術・社会連携部支援グループ(医工連携拠点棟)へ学内便で提出してください。⇒利益相反管理委員会の審査後,研究責任者宛てに審査結果が返却されます。
学内研究者全員分の利益相反自己申告書(Word様式はこちら)
研究計画書
研究概要または倫理審査申請システム申請書(当該研究の申請画面をⅰ~ⅲの手順で印刷したもの)
 【印刷手順】
 ⅰメインメニュー>申請者用メニュー>研究課題一覧から該当の研究の「表示」を押下
 ⅱページ下部「申請履歴」の「表示」を押下
 ⅲページ中部「利益相反管理」の項目の上に表示されている「印刷」を押下

利益相反の審査に関する問い合わせ先】

syakai-soumu*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)
報告書(本紙)は研究代表機関から提出を求められた際に提出ができるよう,本学の研究責任者等が管理ください
不明な点は医療政策・医学系研究推進グループ iryo-seisaku*office.hiroshima-u.ac.jp
(注:*は半角@に置き換えてください)までお問い合わせください。