疫学研究倫理審査委員会
ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会

委員会に関する情報

【疫学研究倫理審査委員会】
Ethical Committee for Epidemiology of Hiroshima University

※2021年6月30日新指針施行に伴い申請様式を改定します。最新の様式を使用してください。

本学には「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づく研究の委員会が2つ(疫学研究倫理審査委員会・臨床研究倫理審査委員会)あります。
疫学委員会では、人を対象とする医学系研究のうち、原則、介入を行わない研究の審査を行います。

  • 介入の定義は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の用語の定義に基づきます。
    第2 用語の定義 ⑶ 介入
    研究目的で、人の健康に関する様々な事象に影響を与える要因(健康の保持増進につながる行動及び医療における傷病の予防、診断又は治療のための投薬、検査等を含む。)の有無又は程度を制御する行為(通常の診療を超える医療行為であって、研究目的で実施するものを含む。)をいう。
  • 指針の介入に該当しない、『健常者を対象とし、行動変容を伴わない運動負荷』などは、疫学研究倫理審査委員会の審査対象となります。

本学の倫理審査委員会でそれぞれ審議される研究については、「本学の倫理審査委員会の区分け(学内限定)」を参考にしてください。
どの委員会に該当するか判断が難しい場合には、メールに研究概要をご記載の上、ご相談ください。

研究の内容によって、委員会開催前に予備審査部会による事前審査を行う場合もあります。該当の場合研究責任者または研究担当者のうち1名以上の出席をお願いします。日程については、申請書の受付後に随時日程調整してご連絡します。その他の研究に関しては随時書面にて審査をしております。疫学研究倫理申請の流れについてはこちらをご覧ください。

【ヒトゲノム・遺伝子解析研究倫理審査委員会】
Ethical Committee for Human Genome Research of Hiroshima University

※本委員会は2021年6月30日の新指針施行に伴い廃止されます。ヒトゲノム・遺伝子解析研究を含む研究で原則介入のない研究は疫学研究倫理審査委員会で審査を行います。

ヒトゲノム及び遺伝子の構造又は機能を試料・情報を用いて明らかにしようとする研究の審査を行います。

委員会を(原則として)月1回開催して審査をしています。
委員会開催前には予備審査部会による事前審査を行っていますので、研究責任者または研究担当者のうち1名以上の出席をお願いします。
この予備審査部会の審査については、研究責任者から公開について承諾をいただいた場合に限り、学内研究者に公開しています。

また、ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針 に基づき、年に1回経過報告及び外部有識者による実地調査を実施しています。

申請書式

申請書式はこちらからダウンロードできます。

医療政策室のメールアドレスにデータをご提出ください。 
E-Mail: iryo-seisaku*office.hiroshima-u.ac.jp (注:*は半角@に置き換えてください)
※署名(押印)が必要な書類は本紙を医療政策室 医療政策・医学系研究推進グループ宛にご送付ください。

教育・研修受講について

《疫学研究》教育研修受講詳細はこちら
※「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、研究責任者を含む研究者全員は研究の実施に先立ち、教育研修の受講が必要となります。

《ヒトゲノム・遺伝子解析研究》教育研修受講詳細はこちら
※「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」に基づき、研究責任者を含む研究者全員は研究の実施に先立ち、教育研修を受講する必要があります。